2014.03.08

メッシが試合中に嘔吐も「よくあること」、バルサ指揮官は「普通じゃない」

メッシ
ルーマニア戦に出場したメッシ [写真]=LatinContent/Getty Images

 5日に行われた国際親善試合でルーマニアと対戦したアルゼンチン代表だが、試合中にバルセロナ所属のFWリオネル・メッシが嘔吐していたことが明らかになっている。

 メッシはアルゼンチンメディア『TyC』とのインタビューで、「よくあることなんだ。練習中や家にいるときもね。理由はわからないが、検査は何度も受けてきた」とコメント。原因の吐き気を感じることがよくあると認めた。

 スペイン紙『マルカ』は、8日に行われるバジャドリードとのリーガ・エスパニョーラ第27節を控え、会見に臨んだバルセロナのヘラルド・マルティーノ監督の言葉を伝え、「定期的にあることなんだ。専門家も診察してきた。普通のことではないと思うが、試合には影響していない」と発言し、メッシの症状を認めている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る