2014.03.05

ロシア代表のココリン、W杯グループHでは「ベルギーを最も警戒」

ココリン
ロシア代表FWココリンがW杯出場への抱負を語った [写真]=Getty Images

 ディナモ・モスクワ所属のロシア代表FWアレクサンドル・ココリンが、ブラジル・ワールドカップの展望を語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 ココリンは、「選手としてさらに成長して、ロシア代表として本大会に出場することが目標だ。とにかく、できるだけ多く練習して、試合に出場したい。自分にはまだ長い時間が残されているからね」と、ワールドカップ出場への意欲を語った。

 そして、ベルギーとアルジェリア、韓国と同組のグループステージ(グループH)に言及し、「同じグループでは、ベルギーを最も警戒しているよ。若いチームで、良いサッカーを披露しているし、今大会でサプライズを起こす可能性を秘めているからね。このグループでは彼らを最大のライバルだと思っているんだ」と、コメント。「トップのなかのトップ、そして最も力のある選手とチームが出場して、最も挑戦し甲斐がある大会がワールドカップなんだ」と、話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る