2014.03.03

引き分けを振り返るレアルのマルセロ「チームの状態は良かった」

マルセロ
59分に途中出場したレアルのマルセロ(左) [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第26節が2日に行われ、アトレティコ・マドリードとレアル・マドリードが対戦。2-2の引き分けに終わった。

 レアル・マドリードのブラジル代表DFマルセロが試合を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 マルセロは、「僕たちは良い形で試合をスタートしたけど、その後に2得点を取られて、難しい展開になった。チームの状態は良かったと思う。ペースが落ちたのは前半の最後だけで、後半は良いプレーをした。ゴールを決めた後に少し激しさを失うのは自然なことだ。常に良いプレーをすることはできないけど、僕たちは最後まで戦って、最終的には引き分けた」と、試合を振り返った。

 そして、「相手チームはとても良い試合をした。彼らには大きな敬意を持っているよ。とても良いシーズンを送っている」と、アトレティコ・マドリードについて語ったうえで、「このような試合で激しいぶつかり合いがあるのは自然なことだと思う。僕にとっては、このような試合に出るのはとても喜ばしいこと。当初の目標は勝利で、僕たちはそれを目指したけど、結果は妥当だと思う」と、話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る