2014.02.13

乾所属フランクフルトの主将シュヴェクラーが負傷離脱

ベンチに下がるシュヴェクラー [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF乾貴士の所属するフランクフルトは12日、キャプテンを務めるスイス代表MFピルミン・シュヴェクラーが、負傷離脱したと公式HPで発表した。

 シュヴェクラーは、8日に行われたブンデスリーガ第20節のブラウンシュヴァイク戦に先発出場。負傷して、34分に途中交代していた。10日に検査を受けた結果、肋骨の軟骨損傷が確認された。全治までにかかる期間は判明していないが、長期離脱を余儀なくされると見込まれた。

 26歳のシュヴェクラーは、今シーズンのブンデスリーガで11試合に出場していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る