2014.02.12

独紙がデビュー弾の大迫にチーム最高点「軽快な滑り出しとなった」

得点を喜ぶ大迫勇也 [写真]=千葉格

 ブンデスリーガ2部の第20節が10日に行われ、日本代表FW大迫勇也の所属する1860ミュンヘンは、ホームでフォルトゥナ・デュッセルドルフと対戦。大迫が63分に先制点を挙げたが、70分に追いつかれ、1-1で引き分けた。

 試合を受けて、ドイツの地元紙『Abendzeitung』は、出場選手を採点。ブンデスリーガ2部でのデビュー戦で得点した大迫には、チーム最高の「2」(最高点1、最低点6)と高評価を与えた。

 同紙では、フル出場した大迫のプレーぶりについても、「日本人選手の軽快な滑り出しとなった。28分に先制の絶好機を得る。その後、先制ゴールを決めた。何というデビュー戦だ」と好印象を受けたことを記した。

 なお、1860ミュンヘンでの最低評価は、ポーランド代表DFグジェゴジ・ヴォイトコヴィアクとドイツ人MFアンドレアス・ルートヴィヒの「5」だった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る