2014.02.09

勝利を振り返るバイエルンのラーム「うまく試合に入れなかった」

ラーム
チーム2点目を決めたバイエルンのラーム(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第20節が8日に行われ、日本代表MF長谷部誠、日本代表MF清武弘嗣の所属するニュルンベルクとバイエルンが対戦。2-0でバイエルンが勝利を収めた。バイエルンはリーグ戦12連勝、45試合無敗となった。なお、清武はフル出場、長谷部は負傷のため欠場した。

 試合後、バイエルンのドイツ代表DFフィリップ・ラームが勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。ラームはチーム2点目を決めた。

「うまく試合に入れなかった。言い訳はできない。ピッチコンディションは、ショートパスサッカーをするには難しいものがあった。それもあってロングボールを多用したが、セカンドボールを取るのに苦労した。ニュルンベルクにとっては望み通りの展開だっただろう。ハーフタイムにその辺りを修正し、うまくいくことができた」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る