FOLLOW US

ヴェンゲル監督「スアレスを獲得できなかったことに後悔はない」

首位に立つアーセナルを率いるヴェンゲル監督 [写真]=Getty Images

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、リヴァプールのウルグアイ代表FWルイス・スアレスの獲得を狙っていた昨夏の移籍市場を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

 ヴェンゲル監督はスアレスの獲得を逃したことに、「後悔はない」と断言。「私のためにプレーしてくれたり、得点したり、良いプレーを見せていたならば後悔したかもしれないが、彼は決して我々の選手ではなかった。単に獲得できなかっただけだよ」と語った。

 また、獲得への動きはフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの代役探しではなかったと明かし、ジルーへの信頼も口にした。

「我々は、決して代わりを探していたわけではなく、常にジルーを完全に信頼してきた。開幕当初、これまでの彼が2年目にさらに良い成績を残していると語ったし、彼は今シーズンにその通りの働きを見せているよ」

 プレミアリーグ第24節終了時点で、アーセナルは勝ち点55で首位に立っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO