2014.02.08

バイエルンでの現役引退を望むロッベン「最後のクラブになる」

ロッベン
バイエルンでの現役引退を望むロッベン [写真]=Bongarts/Getty Images

 オランダ代表FWアルイェン・ロッベンが、所属するバイエルンとの契約延長を望んでいると明かすとともに、同クラブで現役生活を終えたいと語った。7日、『talkSPORT』が伝えている。

 バイエルンとの契約延長が噂されているロッベンは、「契約延長? それはお互いが望んでいることだよ」とコメント。「給料面での障害もない」と続け、交渉は円滑に進むだろうと予想した。

 また、ロッベンはバイエルンでのプレーに満足感を示すとともに、自身のキャリアについても言及している。

「僕は世界でベストなクラブにいる。おそらく、バイエルンは僕のキャリアで最後のクラブになるだろう。これ以上に望むことなんてないよ。バイエルンよりも素晴らしいクラブなんてないんだからね」

 ロッベンは、2009年夏にバイエルンに加入。移籍初年度からタイトルを獲得し、昨シーズンはドイツ勢初となる3冠達成に貢献した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る