FOLLOW US

ハノーファー戦に臨むシャルケDF「倒すのが難しいチーム」

ハノーファー戦に臨むシャルケDFヘーヴェデス(右から2番目) [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表DF内田篤人のシャルケに所属するドイツ代表DFベネディクト・ヘーヴェデスが、チームの現状と今後の展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ヘーヴェデスは、1日のブンデスリーガ第19節ヴォルフスブルク戦を振り返って、「あの勝利にはエネルギーをたくさん使ったよ。ヴォルフスブルクにレッドカードが出た後、僕たちが失速した時間帯があった。うまく乗り越えることができたけどね。その後、もう一度自分たちに流れが来て、決勝点を奪うことができた。順位を直接争う相手だっただけに、非常に大事な勝利となったよ」と、コメント。リーグ後半戦を連勝スタートで飾ったことについては、「むしろ驚いたのは、他のライバルとなるチームが出だしに躓いたことだ。もちろん、それは僕たちにとって有利に働いた。遅れを取り戻すことができるからね。(2試合で)勝ち点6を取ることができて、うれしく思っているよ。だが、全てが完璧で、このまま自然とうまくいくとは思っていない。少しでも気を緩めれば、すぐに違う方向へ進んでいってしまう。それだけは避けたい。だから僕たちはこれからも集中して取り組んでいく必要がある」と、語った。

 そして、9日のブンデスリーガ第20節、日本代表DF酒井宏樹所属のハノーファー戦に向けて、「彼らは強敵だ。ディフェンスが安定していて、とても良い印象を残している。おそらく、信じられないほど倒すのが難しいチームに成長していると思う。自分たちが2連勝しているのと同じように、相手も自信を持って試合に臨んでくるだろう。ハノーファーを勢いに乗せないことが僕たちの課題だ。ディフェンス面でも、これまでの2試合と同様にコンパクトに守り、自分たちのチャンスをしっかりと活かすことが求められる」と、展望を語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO