2014.02.07

インテル幹部「かなり前からエルナネスに関心を抱いていた」

エルナネス
インテルに加入したMFエルナネス [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルは6日、ラツィオから移籍加入したブラジル代表MFエルナネスの入団会見を開催。スポーツディレクターを務めるピエロ・アウシリオ氏が、エルナネスの移籍の経緯を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アウシリオ氏は、「ビッグプレーヤーを獲得する場合、時間がかかるのは普通のこと。インテルはかなり前からエルナネスに関心を抱いていて、以前にも移籍が近かったことがあった。当時は残念なことに、規則が急激に変わったため、獲得を断念することになったんだ。今回の交渉を成立させるまで、とにかくハードワークだったよ。インテル、(エリック)トヒル会長、そしてエルナネス自身の意志があって、実現となった。これだけ強い意志があれば、物事は良い展開になっていくものだ」と、コメントした。

 また、今後のチーム編成について問われると、「現在、選手たちの代理人と話し合いを進めているところだ。現時点で何よりも重要なのは、まずピッチで良い結果を出すことだ」と、話した。

 エルナネスの移籍は、1月31日に発表。完全移籍で、2018年6月30日までの4年半契約が締結されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る