2014.02.06

独誌、ブンデス第20節で日本人4選手の先発出場を予想

前節に対戦した細貝(左)と清武(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツ誌『キッカー』は6日、ブンデスリーガ第20節の先発予想を発表した。

 今シーズンに9ゴールを挙げているマインツの日本代表FW岡崎慎司は、敵地でのヴォルフスブルク戦でFWの一角として先発出場が見込まれた。王者のバイエルンをホームに迎えるニュルンベルクでは、日本代表MF清武弘嗣が4-1-4-1の中盤で先発出場することが濃厚となった。

 ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表MF細貝萌は、敵地でのハンブルガーSV戦でボランチとして、シュトゥットガルトの日本代表DF酒井高徳は、ホームでのアウクスブルク戦で右サイドバックとして、それぞれ先発出場することが予想されている。

 また、日本代表DF内田篤人の所属するシャルケは、日本代表DF酒井宏樹の所属するハノーファーと対戦。日本代表MF乾貴士を擁するフランクフルトは、ホームでブラウンシュヴァイク戦に臨むが、3選手とも先発メンバーの予想から外れている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る