2014.02.05

C・ロナウド、シーズン終盤へ気を引き締める「3冠も無冠もありえる」

C・ロナウド
シーズン終盤へ向け、意気込みを語ったC・ロナウド [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、ヨーロッパ全域に放送網を持つスポーツ専門チャンネル『Eurosport』とのインタビューで、自身やチームの現況についてコメントを残した。

 2日に行われたアスレティック・ビルバオ戦では一発退場処分を受けてしまったC・ロナウドだが、豊かな感情表現が自身の個性であると認識しているようで、先日行われたFIFAバロンドール授賞式で涙した姿がそれを顕著に表していると説明した。

「僕の事を良く知る人達なら、あれが本当のクリスティアーノ・ロナウドだということを分かっている。僕は正直な人間であり、虚像ではない。時には感情をコントロールできないことだってある。バロンドールを受賞した時は、息子からの眼差しに父親として思わず涙を流してしまった。あの涙に嘘偽りはない」

 一方、チャンピオンズリーグでは決勝トーナメントに進出し、リーガ・エスパニョーラでは首位から3ポイント差の3位につけ、コパ・デル・レイでも準決勝に進出しているチームについてコメントを求められたC・ロナウドは、クラブ史上初の3冠に向けて気を引き締めた。

「自分にとって何よりも重要なのは、レアル・マドリードで大きなタイトルを勝ち取ることだ。僕達は今、3つの大会で可能性を残している。CLはクラブにとって最も大きな意味を持つタイトルだが、次のシャルケとの対戦は難しいものになるだろう。リーガではバルセロナおよびアトレティコ・マドリードとのデッドヒートが続いている。また、コパではアトレティコ戦が目前に控えている。いずれにせよシーズンはまだ100日残っており、僕達は3冠も無冠もありえる」

 C・ロナウドはまた、今シーズンからチームを率いているカルロ・アンチェロッティ監督とジネディーヌ・ジダンAC(アシスタントコーチ)に対して称賛の言葉を送った。

「カルロは人としても監督としても素晴らしい。彼と一緒に仕事ができ、とても嬉しいね。また、ジダンは一流選手との接し方を心得ている。彼の経験から学べるのは、名誉であり夢だね」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
47pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
37pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
40pt
レアル・マドリード
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
42pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング