2014.02.03

バイエルンのチアゴ、タッチ数とパス本数でブンデス新記録を樹立

フランクフルト戦にフル出場したチアゴ・アルカンタラ(手前) [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、ブンデスリーガにおける2つの新記録を樹立した。クラブの公式HPが伝えている。

 チアゴは、2日に行われたブンデスリーガ第19節のフランクフルト戦でフル出場。同試合において、チアゴは185回のボールタッチを記録し、73分の時点でチームメートのドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーが保持していた157回のリーグ記録を塗り替えた。

 また、159本を記録したパス本数でも、従来のリーグ記録だったボルシアMGに所属するオランダ人DFロエル・ブロウベルスの137本を上回った。

 チアゴは今シーズン開幕前に、バルセロナからバイエルンに移籍。リーグ戦9試合に出場し、1ゴールを挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る