2014.02.03

ビルバオ戦ドローを振り返るレアルのX・アロンソ「結果は妥当」

シャビ・アロンソ
レアルのX・アロンソ(右)がビルバオ戦後にコメント [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第22節が2日に行われ、アスレティック・ビルバオとレアル・マドリードが対戦。1-1の引き分けに終わった。

 レアル・マドリードのスペイン代表MFシャビ・アロンソが試合を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 シャビ・アロンソは試合を振り返って、「試合結果は妥当だった。激しくて、見応えのある試合になったと思う。審判は何度か判定ミスをしたけど、それはよくあること。難しい先制点を挙げた後、同点にされたのは残念だった。イバイ(ゴメス)はすばらしいゴールを決めた。イバイのゴールの後、2点目を決めるのは難しい展開になったけど、数的不利な状態でもチームは良い働きをしていた」と、コメントした。

 また、74分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが一発退場となった判定については、「レッドカードは厳しすぎる判定だった。あれは暴力ではなかった。(カルロス)グルペギが誘ったものだし、審判は試合を通して、観衆の反応から影響を受けていたと思う。ここではいつも起こることで、何も新しいことではない。クリスティアーノの行為はやってはいけないことだが、退場に値するものではなかったし、この出来事は僕たちに不利に働いた」と、話した。クリスティアーノ・ロナウドは、相手選手のハンドとPKを主張した後、小競り合いの中で、手を相手選手の顔面に当てたことでレッドカードを提示された。

 レアル・マドリードは勝ち点を54に伸ばし、2位バルセロナと並んで3位となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る