2014.01.23

ブンデス後半戦がスタート…独誌では日本人7選手を先発予想

先発出場が見込まれる内田篤人 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガはウインターブレイクを終え、24日から後半戦が始まる。第18節を控えて、ドイツ誌『キッカー』では、各試合の先発メンバーを予想した。

 日本人選手では、シュトゥットガルトに所属する日本代表DF酒井高徳が右サイドバック、マインツに所属する日本代表FW岡崎慎司が2トップの一角、フランクフルトの日本代表MF乾貴士は左サイドの攻撃的MF、ヘルタ・ベルリンの日本代表MF細貝萌はボランチでそれぞれ先発出場することが予想された。

 また、ハノーファーの日本代表DF酒井宏樹とシャルケに所属する日本代表DF内田篤人は、ともに右サイドバックで、ニュルンベルクの日本代表MF清武弘嗣は攻撃的MFでの先発出場が濃厚と報じられた。なお、ニュルンベルクの日本代表MF長谷部誠は、負傷のためベンチ外になる見通し。

 25日には、シュトゥットガルトとマインツ、フランクフルトとヘルタ・ベルリンがそれぞれ激突する他、ハノーファーはヴォルフスブルク、ニュルンベルクはホッフェンハイムと対戦する。翌26日には、シャルケがアウェーでのハンブルガーSV戦に臨む。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る