2014.01.21

アルゼンチン代表メッシ、W杯への思い語る「いつも心にある存在」

メッシ
W杯への思いを語ったメッシ [写真]=LatinContent/Getty Images

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、今夏に開催されるブラジル・ワールドカップへの思いを語った。20日、『FIFA.com』が伝えている。

 同メディアのインタビューに応じたメッシは、「バルセロナにとってもアルゼンチンにとっても、2014年が素晴らしい年になることを祈っているよ」とコメント。「ワールドカップは、いつだってフットボーラーの心にあるもの」と、同大会への思いを語った。

 アルゼンチンは、ブラジル・ワールドカップのグループリーグで、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、イラン、ナイジェリアと対戦。同グループの印象について問われたメッシは、以下のように自身の考えを語っている。

「アルゼンチンは、グループリーグを容易く突破できると言われているようだけど、ワールドカップには簡単な相手なんて存在しない。ワールドカップに値するチームしか参加しないのだから、楽なゲームなんてひとつもないよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る