2014.01.20

伊紙がインテル長友に及第点「敵陣侵入は2、3度あったかどうか」

フル出場した長友佑都(右) [写真]=Getty Images

 セリエA第20節が19日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはジェノアとアウェーで対戦し、0-1で敗れた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した各選手のプレーを採点。フル出場した長友には、「6」(最低点1、最高点10)の評価を与えた。

 同紙は長友のプレーについて、「敵陣への侵入は2、3度あったかどうか。それは(シメ)ヴルサリコの功績であったが、コンディションが優れてもいなかった。だが、相殺してヴルサリコの突破も許さなかった」と、対峙した選手とのマッチアップについて記した。

 マン・オブ・ザ・マッチには「7.5」と採点されたジェノアのイタリア代表GKマッティア・ペリンが選ばれている。なお、インテルでの最高点は、アルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソの「7」で、最低点はブラジル代表DFフアン・ジェズスの「5」だった。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る