2014.01.18

エヴァートン、完全移籍でのルカク獲得は断念か…指揮官が現状語る

ルカク
エヴァートンで活躍するルカク [写真]=Getty Images

 エヴァートンを率いるロベルト・マルティネス監督が、ベルギー代表FWロメル・ルカクとの契約について語った。イギリス紙『デイリースター』が伝えている。

 昨夏にチェルシーからのレンタル移籍でエヴァートンに加入したルカクは、今シーズンのプレミアリーグで、現在19試合に出場して9ゴールを記録。同選手を高く評価しているマルティネス監督は、完全移籍での獲得を希望しているが、チェルシー側に放出の意思はない。

 マルティネス監督は「チェルシーはルカクを高く評価している。そのことは分かっているよ。いかなるオファーにも、耳を傾けないだろう」とコメント。さらに「私はルカクがヨーロッパで最高のストライカーの1人だと思っている。可能な限り、チームに引き留めたいが、今のところシーズン終了までのレンタルだ」と付け加え、チェルシーからルカクを獲得するのは困難との見解を示した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る