2014.01.18

メッシ、ネイマールの早期復帰を願う「僕らは彼を必要としている」

メッシ、ネイマール
バルセロナの攻撃陣をけん引するメッシ(左)とネイマール [写真]=Getty Images

 16日、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)5回戦2nd Legでヘタフェを2-0で下し、1st Legとの合計スコア6-0で危なげなくベスト8入りを決めたバルセロナ。この日はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとブラジル代表FWネイマールが揃ってスタメンに戻ったが、両者は明暗がくっきりと分かれる形となった。

 まず、故障から復帰後3試合目となったメッシは、前半終了間際の44分にFWクリスティアン・テージョのクロスに合わせて先制点を挙げると、63分には得意のドリブルで相手守備陣を切り裂き追加点を奪うなど、完全復調を予感させるパフォーマンスを見せた。

 一方、5試合振りの先発出場を果たしたネイマールは不運に見舞われた。22分、ドリブル突破から左足でクロスを入れた際に右足首を強く捻ったネイマールは、激しい痛みによりプレーを続けることができず、交代を余儀なくされた。

 とはいえ、当初クラブが発表した診断によると、ネイマールの右足首の骨には異常がなく、捻挫で済んだとのことだ。精密検査は17日にバルセロナに戻って行われるものの、3週間程度の離脱になると予想されており、これによりネイマールは、来月18日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1st Legのマンチェスター・Cとの大一番までには少なくとも復帰できる模様だ。

 なお、メッシもネイマールの容態を心配しているようで、試合後のインタビューでは次のようにコメントしている。

「ネイマールの負傷は本当に残念だ。何ら重大な故障ではなく、長期離脱とならないことを祈っている。ネイマールはチームにとって重要な選手であり、僕たちは彼を必要としている。早期復帰できることを願っている」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る