2014.01.13

本田圭佑が途中出場でセリエAデビュー…ポスト直撃弾もミラン敗戦

セリエA10人目の日本人選手となった本田圭佑 [写真]=Getty Images

 セリエA第19節が12日に行われ、サッスオーロと日本代表MF本田圭佑の所属するミランが対戦。ミラン移籍後、初の公式戦となった本田はベンチスタートだった。

 アウェー戦に臨んだミランだったが、序盤に続けてゴールを挙げた。9分にナイジェル・デ・ヨングが相手ゴール前でボールを奪い、ラストパス。ペナルティエリア内でボールを受けたロビーニョが左足でシュートを沈め、先制に成功した。

 敵地で均衡を破ると、13分にはブライアン・クリスタンテが右サイドを突破。中央に折り返すと、ゴール前のマリオ・バロテッリが右足のダイレクトシュートを蹴り込み、リードを2点に広げた。

 ところが、15分にサッスオーロのドメニコ・ベラルディにスルーパスから抜け出されて、得点を許してしまう。1点差に詰め寄られると、28分にもロングボールに反応したベラルディにゴール前で粘られると、振り向きざまに左足でボレーシュートを叩き込まれた。

 2点差を追いつかれてしまうと、41分には右サイドからクロスを入れられ、ゴール前のベラルディにダイレクトボレーを決められてハットトリックを許してしまい、試合をひっくり返された。

 ミランは逆転を許して後半を迎えると、47分にもベラルディに4点目を奪われた。2点のビハインドを喫すると、55分にリッカルド・モントリーヴォとジャンパオロ・パッツィーニを投入し、巻き返しを図った。62分には左サイドでボールを受けたバロテッリが、カットインからシュートを放ったが、ゴール脇に外れた。

 追いつきたいミランは、65分にロビーニョに代えて本田をピッチに送り出した。69分には左サイドのクロスから本田がヘディングシュートを放ったが、パッツィーニに当たってしまい、得点とはならなかった。83分にも本田がミドルシュートを放ったが、ポストを直撃した。

 ミランは86分にモントリーヴォがミドルシュートで得点して1点差に迫ったが、猛攻も実らず、3-4で競り負けた。セリエA10人目の日本人選手となった本田は、セットプレーを蹴るなど、試合終了までプレーした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る