2014.01.08

ビルバオ撃破のソシエダ「少ないチャンスをものにできた」

レアル・ソシエダのグリーズマン [写真]=Getty Images

 レアル・ソシエダのフランス人MFグリーズマンは6日、本拠地アノエタでアスレティック・ビルバオを2-0で下した“バスク・ダービー”から一夜明け、地元紙『Diario Vasco』とのインタビューで試合を振り返った。

 グリーズマンはまず、ダービー勝利の最大の要因として決定力を挙げた。

「ビルバオはとても良いプレーをした。一方、ソシエダは少ないチャンスをものにした。結果、彼らが手にすることのできなかったゴールを僕らが決めることができた」

 同試合でも先制点を挙げるなど、今シーズンここまで12ゴールで得点ランキングの3位につけているグリーズマンは、自身の好調がチームの好結果に結び付いていることを素直に喜んだ。

「自分は常にチームを助けることを心掛けている。それゆえ、ゴールで勝利にできればもちろん嬉しいね。今はプレーを楽しむことができているよ」

 今回のダービー制覇により、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位ビルバオに1ポイント差まで迫ったソシエダ。だがグリーズマンは、2シーズン連続のチャンピオンズリーグ出場権獲得のためには、1試合1試合しっかりと戦う必要があるとの姿勢を示した。

「僕達は4位まで一段と近付いたが、チャンピオンズリーグの事は考えずに今の流れを続けていくべきだ。昨シーズンのように、目先の試合に集中することが何よりも重要だ」

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る