FOLLOW US

長友フル出場のインテル、新年初戦でラツィオに敗れる…今季3敗目

フル出場した長友佑都(右) [写真]=Getty Images

 セリエA第18節が6日に行われ、ラツィオと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦。長友は先発出場した。

 新年初戦をアウェーで戦うインテルだったが、前半は無得点のまま折り返す。スコアレスで迎えた後半も、膠着状態が続いた。61分には、右サイドからのクロスにゴール前で長友がヘディングで合わせたが、GKの好守に遭って得点とはならなかった。

 インテルは先制を狙って攻め込むが、逆に81分に失点を喫してしまう。左サイドからクロスを入れられると、ゴール前でミロスラフ・クローゼにダイレクトボレーで合されてしまい、ゴールネットを揺らされた。

 終盤にリードを奪われると、最後までラツィオゴールを割れずにタイムアップを迎えた。0-1で新年初戦を落としたインテルは、2試合ぶりとなる黒星で今シーズンの3敗目を喫した。なお、長友はフル出場した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA