FOLLOW US

「メッシがパリ五輪に出場したらブーイングを」PSGの元選手が、自らのテレビ番組で呼びかける

2024.02.15

アルゼンチン代表のリオネル・メッシ [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)の選手として2004年〜2010年にかけ公式戦180試合に出場したジェローム・ロタン氏が、自らが司会をつとめるテレビ番組で、「パリオリンピック2024(パリ五輪)にメッシが出場する場合、ブーイングを浴びせて欲しい」と呼びかけたようだ。14日、アルゼンチンメディア『TNTスポーツ』が報じた。

 U-23アルゼンチン代表は11日にパリ五輪の出場権を獲得。同チームを率いるハビエル・マスチェラーノ監督は、インテル・マイアミに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシをオーバーエイジ(OA)で招集する考えを示し、大きな話題となっていた。

 そんななか、PSGのOBであるロタン氏は「もしメッシがアルゼンチン代表のユニフォームを着てパリに戻ってきたら、暴力を振るうべきだとは言わないが、彼がフィールドにいるときは彼に向かってブーイングすべきだ」と語り、メッシへ圧力をかけるよう視聴者に呼びかけた。

 ロタン氏は「記憶力がない人がいる。メッシはPSGを去ってから、PSG、フランス、そしてパリに対し口撃を仕掛けてきた。メッシがPSGに来たとき、フランス人はメッシを尊敬していた。メッシも同じようにPSG、フランス、そしてパリに尊敬を示すべきだった。だが、彼はフランスやパリの街とのつながりを示そうとしなかった。それどころか、去った後に彼はPSGを悪く言った」とメッシに対する怒りの理由を説明した。

 さらにロタン氏は「メッシのプレーは期待した水準に達していなかった。彼は、FIFAワールドカップカタール2022で輝くためにPSGと契約したんだ」と述べたうえで「パリジャン(パリ人)そしてフランス人として、メッシがアルゼンチン代表のユニフォームを着てパリでプレーをしたら、ブーイングを吹いて欲しいとお願いします」と、メッシがパリ五輪に出場する場合、圧力をかけて欲しいと繰り返し呼びかけた。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGリオネル・メッシのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO