FOLLOW US

南米予選の強豪対決はブラジルに軍配…ウルグアイを下して無傷の4連勝

ブラジル代表とウルグアイ代表が対戦 [写真]=Getty Images

 2022 FIFAワールドカップ カタール・南米予選が17日に行われ、ブラジル代表とウルグアイ代表が対戦した。

 ネイマールやフィリペ・コウチーニョを負傷で欠くブラジル代表は、前節のベネズエラ代表戦に引き続きガブリエル・ジェズス、リチャーリソン、ロベルト・フィルミーノが前線に並んだ。一方、ウルグアイ代表は“エースストライカー”のルイス・スアレスが新型コロナウイルス陽性反応の関係で出場できず。それでも、エディンソン・カバーニ、ロドリゴ・ベンタンクール、ディエゴ・ゴディンら豪華な顔ぶれがスターティングメンバーに名を連ねた。

 まずチャンスを作ったのはウルグアイ。6分、ダルウィン・ヌニェスが鋭い切り返しから強烈なシュートを放つも、クロスバーに嫌われた。その後も両者自慢の攻撃力を武器にチャンスを作り出すも、得点は生まれない。

 均衡が破れたのは34分。右サイドからのクロスをG・ジェズスがペナルティエリア中央で収めると、マイナス方向へパス。ボールを受けたアルトゥールが右足を振り抜くと、シュートは相手DFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

 前半終了間際には再びブラジルにチャンス。レナン・ロディが左サイドからクロスを送ると、中央で構えていたリチャーリソンが頭で合わせる。狙い澄ましたヘディングシュートがネットを揺らした。前半はブラジルの2点リードで終了する。

 後半に入ると激しい球際の攻防が繰り広げられる。71分にはVARの結果、カバーニにレッドカードが提示された。75分にはゴール前の混戦から、最後はマルティン・カセレスが押し込むも、オフサイドの判定となりウルグアイのゴールは認められず。

 試合はこのままタイムアップ。ブラジルは南米予選で無傷の4連勝を記録した。一方、ウルグアイ代表は2勝2敗とまずまずのスタートになっている。

【スコア】
ウルグアイ代表 0-2 ブラジル代表

【得点者】
0-1 34分 アルトゥール(ブラジル代表)
0-2 45分 リチャーリソン(ブラジル代表)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO