FOLLOW US

ルイス・スアレスが新型コロナ陽性…ブラジル代表戦、古巣バルセロナ戦を欠場へ

ウルグアイ代表のルイス・スアレス [写真]=Getty Images

 ウルグアイサッカー協会(AUF)は16日、同国代表のFWルイス・スアレス(アトレティコ・マドリード)を含む3名に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表した。

 AUFの公式Twitterに掲載された声明によると、ウルグアイ代表の全メンバーが検査を受けた結果、ルイス・スアレスとGKロドリゴ・ムニョス(セロ・ポルテーニョ/パラグアイ)、そしてスタッフ1名の計3名に新型コロナウイルス陽性が確認された。3名の体調は良く、隔離などの措置もすでに行われているという。その他の全員は陰性が確認されている。なお、前日の15日にはDFマティアス・ビーニャ(パルメイラス/ブラジル)の陽性も発表されていた。

 ウルグアイ代表は13日にカタール・ワールドカップ南米予選の第3節でコロンビア代表に3-0で勝利し3位につけている。17日に行われる次節は首位のブラジル代表との大一番だったが、エースストライカーの不在が決まった。

 また、離脱期間などの詳細は明らかとなっていないが、アトレティコ・マドリードに所属するスアレスは21日に控えているリーガ・エスパニョーラ第10節、古巣バルセロナとの対戦も欠場が決定的となった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO