2018.11.11

南米王者を懸けた“スーペルクラシコ”、豪雨により翌日に延期が決定

ボカ・ジュニオルスの本拠地
ピッチが冠水し延期が決まった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 10日に予定されていたコパ・リベルタドーレスの決勝第1戦が荒天により延期された。

 アルゼンチンのボカ・ジュニオルスとリーベル・プレートによる“スーペルクラシコ”が初めてコパ・リベルタドーレスの決勝で実現。南米王者の座を懸けた一戦は大きな注目を集めていた。

 しかし、10日朝からアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスは豪雨に見舞われ、ボカ・ジュニオルスのホームスタジアムやその周辺は冠水。排水できないほどの雨がピッチに降り注ぎ、思わぬ形で試合の中止が決まった。

 南米サッカー連盟(CONMEBOL)はキックオフの約2時間前に、試合の延期を決定。11日の16時から1日遅れで試合を開催すると発表している。

 なお、第2戦はリーベル・プレートのホームで24日に行われる予定となっている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング