2018.11.06

14歳FWがリーグ戦初ゴール! パラグアイで史上最年少得点記録を樹立

セロ・ポルテーニョ
セロ・ポルテーニョで14歳の神童が誕生した [写真]=Getty Images
南米サッカーの今を日本語でお届けする南米サッカー情報サイト

 11月2〜5日に行われたパラグアイ1部リーグの後期第17節。首都アスンシオンで行われたスーペルクラシコ「オリンピア対セロ・ポルテーニョ」は、終了間際に互いに得点して引き分けとなった。

 勝ち点7差で首位オリンピアを追いかけている2位セロ・ポルテーニョは、16分に先制。ファン・アギーラルのスルーパスで最終ラインの裏へ抜け出した14歳のフェルナンド・オベラールが、飛び出したキーパーの目前でボールを左足のインフロントで軽く浮かせてゴールに流し込んだ。フェルナンド・オベラールはパラグアイのリーガ最年少選手であり、14歳9カ月27日という数字は言わずもがな同国リーグの最年少スコアラーとなった。セロ・ポルテーニョの公式ツイッターアカウントは、この事実を大々的にツイートした。

 だがオリンピアは、27分にロングフィードをロケ・サンタクルスがくさびになると、ジュリアン・ベニテスとのワンツーでペナルティエリアに入ったロケ・サンタクルスの前にベニテスがなだれ込んで味方からボールを奪う形に。すると転倒したベニテスが転がりながらも足に当てたボールがネストル・カマーチョへのパスになると、カマーチョは無人のゴールへ左足で押し込み1-1とした。セロ・ポルテーニョのイレブンはオフサイドを主張し、実際にカマーチョがオフサイドではあったが、線審は旗を上げず、主審もオフサイドを取らなかった。

 先制点を決めた14歳のオベラールは、前半のアディショナルタイムにも左足のミドルシュートでスタンドの歓声とため息を誘った。

 後半、互いにチャンスを生かせずに90分を迎えると、1-1で終わりそうな空気が流れた。だが、パラグアイのスーペルクラシコはこのままでは終わらなかった。相手陣内でセットプレイを得たセロ・ポルテーニョは、間接FKをホセ・レギサモンが頭で跳ね返したものの、それをディエゴ・チュリンがヘディングでゴール前に送り返すと、最後はマルコ・アコスタ・ロハスが右足のハーフボレーでゴールに押し込み、勝ち越しに成功した。

 そしてセロ・ポルテーニョが勝ち越した直後には、両軍の小競り合いが発生した末に喧嘩両成敗で主審がエルネスト・カバジェロとビクトル・カセレスにレッドカードを提示。10人対10人になって、後半のアディショナルタイムの残りを戦うこととなった。

 まだ試合は終わらなかった。後半のアディショナルタイムにオリンピアのロングフィードがセロ・ポルテーニョのクリアミスを誘うと、ペナルティエリア右側で生まれたルーズボールを拾ったファン・パティーニョの左足を、マルコ・アコスタ・ロハスが左足で蹴ってしまう。パティーニョが倒れると、主審はPKを指示して、このPKを途中出場のホルヘ・オルテガが冷静に決めて、敗北を免れた。

 後期は残り5試合となり、首位オリンピアにとっては勝ちに等しい引き分けとなった一方、勝ち点7差から逆転優勝を目指す2位セロ・ポルテーニョにとっては勝利を取りこぼした形だ。

(記事提供/Cartao Amarelo)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る