FOLLOW US

グレミオ、22年ぶりにリベルタドーレス杯制覇! 南米王者としてクラブW杯へ

グレミオが南米王者に輝いた [写真]=Getty Images

 コパ・リベルタドーレス2017決勝第2戦が29日に行われ、ラヌース(アルゼンチン)とグレミオ(ブラジル)が対戦した。

 決勝第1戦を1-0で先勝しているグレミオは、27分にフェルナンジーニョのゴールで先制すると、41分にはカウンターからルアンが追加点を奪う。対するラヌースは72分、ホセ・サンドがPKを沈め1点を返す。グレミオは82分に退場者を出したものの、最後までリードを守り抜き、試合は1-2で終了。この結果、2戦合計3-1でグレミオが1995年以来3回目のリベルタドーレス杯制覇を達成した。

 グレミオは12月9日にUAEで開幕するFIFAクラブワールドカップ2017に南米代表として出場が決定。また、コパ・リベルタドーレス2018の本戦出場権を獲得した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA