2017.07.14

“アイマール監督”誕生! U17アルゼンチン代表指揮官に就任「結果にこだわる」

パブロ・アイマール
U-17アルゼンチン代表監督就任が決まったアイマール氏 [写真]=FIFA/FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2015年に現役引退を発表した元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマール氏が、母国のU-17代表監督に就任したことが分かった。アルゼンチン代表の公式アカウントがツイッターで発表している。

 現在37歳のアイマール氏は、1996年にアルゼンチンのリーベルプレートでプロデビュー。2001年からはリーガ・エスパニョーラのバレンシアへ移籍し、チャンピオンズリーグで2年連続の決勝進出に貢献するなど中心選手として活躍した。その後はサラゴサ、ベンフィカ(ポルトガル)、ジョホール・ダルル・タクジムFC(マレーシア)を経て、2015年に再びリーベルプレートに復帰。しかし度々ケガに悩まされ、同年の7月に現役引退を発表していた。

 アルゼンチン代表としても各年代別の代表に選ばれ、A代表としては53試合に出場して8得点を挙げている。

 若きアルゼンチン代表の指揮官に就任することが決定したアイマール氏は、投稿された映像の中で「結果にこだわりたい。このユニフォームを愛し、フットボールを楽しみ、プレーに集中できる選手を求めている」と抱負を語った。

欧州リーグ順位表

トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
エヴァートン
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る