2017.05.13

UAEでプレーする元ブラジル代表FWニウマール、2年ぶりに母国復帰の可能性が浮上

ニウマール
サントス移籍が報じられたニウマール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 UAE(アラブ首長国連邦)のアル・ナスルSCに所属する元ブラジル代表FWニウマールが、母国ブラジルに復帰する可能性が浮上した。ブラジルメディア『グローボ』が報じている。

 移籍先の候補に挙がってるのはサントスで、モデスト・ローマ社長やダゴベルト・サントスSDもすでに接触を認めている。しかし、ニウマールはアル・ナスルと2017年7月まで契約を結んでいることに加え、高額な給料なネックになっていると同メディアは伝えた。仮にニウマールがサントスに加入することになれば、およそ2年ぶりの母国復帰となる。

 2002年にプロキャリアをスタートさせたニウマールは、国内ではインテルナシオナルやコリンチャンス、欧州ではスペインのビジャレアルなどで活躍。また、ブラジル代表として24試合に出場し、9得点を記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る