2017.05.09

マラドーナ氏、コナミと和解…一部示談金をサッカー施設の改善に充てる

コナミと和解したマラドーナ氏 [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元アルゼンチン代表FWで伝説的選手であるディエゴ・マラドーナ氏とコナミホールディングス株式会社(以下コナミ)が和解した。『KOTAKU』が9日付で伝えている。

 マラドーナ氏は、3月にコナミの人気ゲームシリーズ“ウイニングイレブン2017”内で自身の肖像が利用されたとして、コナミに法的措置をとることを検討していた。しかし今月に入り、マラドーナ氏はコナミと和解に至ったと同メディアは報じている。

 同メディアは続けて、コナミは2020年までゲームに登場させることと同時に、プロモーターとして起用することにマラドーナ氏と合意した模様。この合意は示談により達したものであり、金額等は明記されていない。

 また、コナミの久保隆之氏がマラドーナ氏との話し合いのためアルゼンチンに赴いたという。同氏は、今回の示談で得た資金の一部を、アルゼンチン国内にあるアマチュアレベルのサッカー施設改善に充てる、と同メディアは最後に伝えた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る