2017.03.23

リベルタ杯でビデオ判定採用か…南米連盟会長、準々決勝以降の導入示唆

昨年12月のクラブW杯で試験的に導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー) [写真]=FIFA via Getty Images、AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 南米サッカー連盟(CONMEBOL)のアレハンドロ・ドミンゲス会長が、南米クラブを決めるコパ・リベルタドーレス2017にて、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入を検討していることを明かした。大手メディア『ESPN』が22日に報じている。

 VARは昨年12月に行われたFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016にて試験的に導入され、12月14日の準決勝、アトレティコ・ナシオナルと鹿島アントラーズの一戦では、鹿島にPKが与えられて話題となった。

 今回の報道によると、いわゆる“ビデオ判定”の導入について、CONMEBOLのドミンゲス会長が言及。「我々は非常に大きな投資を行っている。テクノロジー・センターを創設し、準々決勝からVARを採用することを目指している」とコメントしている。

「イノベーションによって信頼を得ることになれば、それは試合にとって良いことだろう」と、VAR導入による判定の精度向上に期待しているドミンゲス会長。発言どおり、今大会での採用は実現するだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る