2016.12.16

就任わずか2カ月…コリンチャンス、元鹿島指揮官のオリヴェイラ監督を解任

コリンチャンスの指揮官を解任されたオリヴェイラ氏 [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブラジル1部リーグのコリンチャンスは15日、オズワルド・オリヴェイラ監督を解任すると発表した。

 オリヴェイラ監督は1950年生まれの65歳。選手経験はないが、1999年から指導したコリンチャンスで2000年にFIFAクラブ世界選手権を制覇した。以降は数々の国内クラブで監督を歴任。2004年に再びコリンチャンスの指揮官に就任し、2005年にはカタールでも指揮を執った。

 そして2007年に鹿島アントラーズの監督に就任すると、1年目にJ1リーグと天皇杯の二冠制覇を達成。翌2008年、2009年にもJ1を制覇し、史上初の3連覇を果たした。2010年には天皇杯、2011年にはヤマザキナビスコカップを制し、在籍5年で国内三大タイトルを6つ獲得した。

 鹿島での指揮を終えた同監督は2012年にボタフォゴの指揮官に就任。サントス、フラメンゴの監督を経て、今年4月、スポルチ・レシフェの指揮官に就いた。そして今年10月、9位と低迷していたコリンチャンスの指揮官に自身3度目の就任。しかしながら、チームを立て直すには至らず、就任後はリーグ戦8試合でわずか2勝4分け2敗で最終的にリーグ7位に終わっていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る