FOLLOW US

ロナウジーニョと再共演?…グジョンセンがシャペコエンセでのプレーを希望

シャペコエンセでのプレー希望を公言したグジョンセン [写真]=Getty Images

 アイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセンが4日、墜落事故で多くの犠牲者を出したシャペコエンセ(ブラジル1部リーグ)でのプレーを希望していると、自身の公式ツイッターで明かした。

 コパ・スダメリカーナの決勝ファーストレグへ向かう途中で飛行機墜落事故に遭い、多くの選手を失ったシャペコエンセ。チーム再建に向けて、他クラブからは選手の無償ローンなどの提案もされていた。

 さらに、元アルゼンチン代表FWフアン・ロマン・リケルメ氏は同クラブでの現役復帰を示唆し、元ブラジル代表FWロナウジーニョも代理人を務める兄のロベルト・デ・アシス氏が、「選手としてか別の形になるかは分からないが、我々がシャコペエンセを手助けすることは間違いない」とコメント。往年のスター選手がシャコペエンセで共演する可能性が浮上し、話題となっている。

 そんな中、両者と同じくバルセロナでプレーした“アイスランドの英雄”も選手としての支援を明言した。

 グジョンセンは自身の公式ツイッターで「もし僕にプレーする場所があるなら、敬意を持ってシャペコエンセでプレーするよ!」と逆オファー。さらに「またロナウジーニョとプレーできるかどうかではなくてね」と続けた。

グジョンセン

グジョンセン(左)とロナウジーニョ(右)は2006年から2008年までバルセロナで共演した [写真]=Getty Images

 現在38歳のグジョンセンはアイスランドのヴァルル・レイキャヴィークで17歳の若さでプロデビュー。オランダのPSV、イングランドのボルトンやチェルシー、スペインのバルセロナ、フランスのモナコなど数々のクラブを渡り歩いた。ギリシャ、ベルギー、中国でもプレーし、2016年2月に加入したノルウェーのモルデを経て、10月からインド・スーパーリーグのプネー・シティーに所属していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO