2016.12.05

シャペコエンセの優勝が決定…クラブ暫定会長「南米連盟から宣言を受けた」

シャペコエンセ
シャペコエンセのコパ・スダメリカーナ優勝が決まったようだ [写真]=LatinContent/Getty Images
南米サッカーの今を日本語でお届けする南米サッカー情報サイト

 CONMEBOL(南米サッカー連盟)が、先の旅客機墜落事故によって多数の主力選手を失ったブラジル南部のシャペコエンセを、2016年のコパ・スダメリカーナ王者とすることを決定した。アルゼンチンのポータルサイト『Cronica』が4日に伝えた。

 コロンビアでの旅客機墜落事故によって多くの主力選手を亡くしてしまったシャペコエンセ。事故発生から5日後の12月3日には、ホームスタジアムのアレーナ・コンダーで追悼式がしめやかに執り行われた。

 凄惨な事故を受けて、決勝での対戦相手であったコロンビアのアトレティコ・ナシオナルは、2016年大会の決勝戦を辞退してシャペコエンセにタイトルを譲るよう、早くからCONMEBOLに申請していた。今回の決定は、前述の申請も少なからず影響したとみられる。

 クラブに創立史上初の国際タイトルがもたらされたのを受けて、シャペコエンセのイバン・トッゾ暫定会長は、次のようなコメントを残している。

「CONMEBOL(南米サッカー連盟)から、シャペコエンセがコパ・スダメリカーナのチャンピオンとする宣言を受けた。このような結果になるようCONMEBOLに申し出た(決勝での対戦相手である)アトレティコ・ナシオナルの慈悲深い配慮に、心から御礼を申し上げる。そしてCBF(ブラジルサッカー連盟)やFIFA(国際サッカー連盟)、そして世界中のサッカーファンによる支援にも、心より感謝と御礼をお伝えしたい」

 スダメリカーナの王者となったシャペコエンセには、2017年のコパ・リベルタドーレスとレコパ・スダメリカーナの出場権が与えられるほか、同年のコパ・スダメリカーナにはディフェンディングチャンピオンとして決勝ラウンドからの出場権も与えられる。さらに、コパ・スルガ・バンク(スルガ銀行チャンピオンシップ)への出場権を得たことで、ルヴァンカップ王者の浦和レッズと埼玉県で対戦することにもなりそうだ。

(記事提供/Cartao Amarelo)

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る