FOLLOW US

ラングニック氏、新天地はロシアに…ロコモティフの強化担当者に就任

ラングニック氏がロコモティフと3年契約 [写真]=Getty Images

 ロコモティフ・モスクワが、スポーツおよび開発部門の責任者にドイツ人のラルフ・ラングニック氏を招へいした。6日、クラブ公式サイトで発表した。

 ロコモティフと3年契約を結んだラングニック氏は、戦略的計画やスポーツ・デベロップメントをはじめ、クラブのトップチーム、アカデミー、リザーブトレーニングの仕事など、幅広い問題に対処していくことになる。また、同クラブは、それぞれの分野でサッカー科学のプロである専門家チームを採用する予定であることを発表している。

 現在63歳のラングニック氏は、シュトゥットガルトやハノーファー、シャルケなどでの指揮を経て、2006年にホッフェンハイムの監督に就任。就任当時3部に所属していたチームをブンデスリーガに定着させるなど手腕を発揮した。

 同氏は2012年からライプツィヒとザルツブルクのスポーツ・ディレクター(SD)を兼任する形でレッドブル・グループに参加。2015-16シーズンと2018-19シーズンには、一時的にライプツィヒで指揮をとった。2020年夏にRBグループを去った後はフリーとなり、トッテナムなどでの監督就任も噂されていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO