FOLLOW US

齊藤未月、足首じん帯の損傷で約4カ月の離脱に…練習中に負傷し手術実施

ルビン・カザンが齊藤の負傷について発表 [写真提供]=ルビン・カザン

 ロシア1部のルビン・カザンは16日、MF齊藤未月の負傷についてクラブ公式サイトで発表した。

 齊藤は2週間前、合宿でのトレーニング中に味方のスライディングタックルを受けて負傷していた。クラブの発表によると、同選手は足首じん帯の損傷と診断され、フィンランドにて手術を行った。回復には約4カ月を要する見込みだという。

 現在22歳の齊藤は湘南の育成組織出身で、世代別の日本代表にも名を連ねている。2015年に湘南のトップチーム登録となり、2016年の高校3年生時にJ1デビュー。2020シーズンの明治安田生命J1リーグでは33試合に出場し2ゴールを挙げた。2021年1月1日から2022年6月30日までの1年半契約でルビン・カザンに期限付き移籍しており、先月21日に行われたパルチザン(セルビア)との練習試合で実戦デビューを果たしていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO