2016.07.25

ユーロが最後の大会に…ロシア代表の主将、35歳シロコフが現役引退

シロコフ
ユーロ2016では3試合に出場したシロコフが現役引退 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2015-16シーズン限りでCSKAモスクワとの契約を満了したロシア代表MFロマン・シロコフが現役引退を決断した。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式ツイッターが伝えている。

 シロコフは1981年生まれの35歳。ロシア国内の数々のクラブを渡り歩き、2008年にゼニトへ移籍した。2012年にはロシア年間最優秀選手賞を受賞。2014年2月にクラスノダールへレンタル移籍で加入し、以降はスパルタク・モスクワでのプレーも経験。2015年にクラスノダールに2回目の加入を果たした後、今年1月からはCSKAモスクワでプレーしていた。

 同選手は2008年からロシア代表にも選出され、同年のユーロ2008に出場。2014年のブラジル・ワールドカップにはキャプテンとして本大会メンバーに招集されたものの、負傷の影響で欠場を余儀なくされた。今年6月からフランスで開催されたユーロ2016にはロシア代表のキャプテンとして参戦し、グループステージ全3試合に出場した。

 ユーロ2016に出場したシロコフだが、今月13日にCSKAモスクワとの契約満了が発表となった。無所属の状態で夏の移籍期間を迎えたが、現役引退を決断することとなった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る