FOLLOW US

メダルには届かず…久保が大粒の涙「今までサッカーをやってきて、こんな悔しいことはない」

メキシコに敗れ涙を見せた久保建英 [写真]=Getty Images

 U-24日本代表MF久保建英が、6日に行われた東京オリンピック男子サッカー3位決定戦のU-24メキシコ代表戦を振り返った。

 敗戦に終わった同試合で、フル出場して最後まで奮闘した久保は、試合を振り返り次のようにコメント。涙を見せながらも心境を口にし、悔しさをにじませた。

「今日、勝つと決めてきて、グループリーグで勝っていた相手だったので、結果論ですが、どこかで気の緩みがあったかもしれないですし、このゲームの重みが自分たちに理解できなかったのかなと思います」

「(ゴールへの姿勢を見せていたことは)そんなものは何もならないので。結果、相手も疲れているなかで3点取られ、こっちは1点しか取れず試合が終わって、こんな悔しいことはないです。ちょっとキツイですね」

「負けたので、次のチャンスが自分にあれば、自分は今度こそ勝利に貢献したいですが、今日の負けは重いです」

「(今大会のチームは)めちゃくちゃ楽しかったですが、手ぶらで家に帰ることになりますし、今までサッカーをやってきて、こんな悔しいことはないですし…。この気持ちを忘れないようにできればと思います。ありがとうございました」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO