FOLLOW US

アメリカ女子代表が銅メダル! ラピノー2発など4得点で豪州との打ち合いを制す

東京五輪3位決定戦でオーストラリアとアメリカが対戦した [写真]=Getty Images

 5日、東京オリンピック女子サッカー3位決定戦オーストラリアvsアメリカが行われた。

 今大会で初のベスト4へ駒を進めたオーストラリアと、歴代最多4度の金メダル獲得を誇るアメリカの一戦。銅メダルをかけた一戦は『茨城カシマスタジアム』で行われた。

 試合は序盤からスコアが動く。8分、アメリカが左CKを獲得すると、キッカーのFWメーガン・ラピノーが右足で鋭いボールをゴール前へ。するとカーブのかかったインスイングのボールは、オーストラリアのGKティーガン・マイカの手を掠めてそのまま右のサイドネットへと突き刺さった。

 反撃したいオーストラリアは17分、アメリカのビルドアップのミスからFWケートリン・フォードが敵陣ペナルティエリア手前で前を向くと、斜めの動きを見せたキャプテンのFWサム・カーへラストパスを供給。カーはペナルティエリア左から左足を振り抜くと、ボールはアメリカのGKアドリアナ・フランチの右手を弾きながらゴールネットへと吸い込まれた。試合は同点となる。

 追いつかれたアメリカだが、その4分後に勝ち越しに成功する。敵陣中央右サイドからゴール前へとクロスが上がると、ボールは一度オーストラリアDFに跳ね返されるものの、キックミスでクリアは不十分。これにペナルティエリア左で待っていたラピノーが反応し、右足で豪華なボレーシュートをゴールへ決めた。マイカも反応できない“ゴラッソ”で、再びアメリカがリードを奪う。

 次の1点の行方に注目が集まったが、前半アディショナルタイムにアメリカが3点目を記録した。敵陣中央やや左でMFリンジー・ホランがボールを持ち前を向くと、相手DFの間で動き出した前線のFWカーリ・ロイドへ右足アウトサイドでスルーパスを供給。ペナルティエリア左へ抜け出したロイドは右足でトラップすると、すぐさま左足を振り抜いた。このシュートが右サイドネットへと決まり、アメリカがリードを2点に広げる。そして試合は1-3のスコアでハーフタイムを迎えた。

 後半立ち上がり、またしてもアメリカがゴールを奪う。自陣から浮き球のロングボールを敵陣へ送ると、味方GKにヘディングでボールを戻そうとしたオーストラリアDFのパスが短くなる。これを奪ったロイドがマイカと一対一を迎えると、そのマイカの股下を抜くシュートをゴールへ突き刺した。アメリカのリードは3点となる。

 しかし、オーストラリアも諦めない。失点から3分後、敵陣中央やや右でボールを持ったFWキア・サイモンが、右足で絶妙なクロスを供給。これをフォードがヘディングでゴール右へと決め、スコアは2-4となった。

 勢いに乗るオーストラリアは一気に点差を詰めたいところだったが、57分のカーのヘディングシュートは左ポストを叩くなど、その後は2点を追いかける時間が続く。また、失点を許しながらも攻撃の手を緩めないアメリカも、敵陣へ攻め込むものの5点目を奪うには至らない。

 このまま試合終了かと思われた90分、オーストラリアが1点を返す。敵陣中央左サイドからドリブルで切れ込んだFWエミリー・ギルニクが、ペナルティアーク手前から右足でミドルシュート。これがゴール左へと突き刺さり、スコアは3-4。ついに1点差となる。

 それでも試合は3-4で終了。激しい点の打ち合いを制したアメリカが、銅メダル獲得を決めた。一方、オーストラリアは健闘を見せたものの、初のメダル獲得とはならなかった。

【スコア】
オーストラリア女子代表 3-4 アメリカ女子代表

【得点者】
0-1 8分 メーガン・ラピノー(アメリカ女子代表)
1-1 17分 サム・カー(オーストラリア女子代表)
1-2 21分 メーガン・ラピノー(アメリカ女子代表)
1-3 45+1 カーリ・ロイド(アメリカ女子代表)
1-4 51分 カーリ・ロイド(アメリカ女子代表)
2-4 54分 ケートリン・フォード(オーストラリア女子代表)
3-4 89分 エミリー・ギルニク(オーストラリア女子代表)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO