FOLLOW US

オランダがジョージアに3発快勝…ウェクホルスト&フラーフェンベルフが代表初得点

オランダがEURO前最後の試合でジョージアに快勝 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が6日に行われ、オランダ代表とジョージア代表が対戦した。

 13日にEURO2020の初戦に挑むオランダが、大会前最後のテストマッチとしてホームにジョージア代表を迎えた。試合は10分、ペナルティエリアに抜け出したデンゼル・ダンフリースが倒されてPKを獲得すると、これをメンフィス・デパイがゴール右隅に沈めて、オランダが先制に成功した。

 リードを得たオランダは15分にもチャンスを迎え、ダンフリースの折り返しをゴール前のデパイが合わせたが、決定的なシュートはGKギオルギ・ロリアのスーパーセーブに阻まれた。対するジョージアも反撃に出て、31分にはエリア中央のヴァレリアン・グヴィリアが味方の折り返しに合わせたが、これは枠を捉えず。オランダは43分にフレンキー・デ・ヨングが強烈なミドルシュートを放ったが、これもGKロリアの好セーブに阻まれた。

 1点リードで折り返したオランダは55分、右サイドの高い位置でボールを奪うと、デ・ヨングのパスを受けたエリア右のデパイがゴール前へラストパス。これに反応したワウト・ウェクホルストがエリア右から蹴り込んで追加点。ウェクホルストは2018年3月のデビューから代表6試合目で念願の初ゴールを記録し、喜びを爆発させた。

 その後も攻勢を続けるオランダは76分、エリア中央で折り返しを受けたデパイがターンしつつ左足シュート。これはGKロリアに阻まれたが、こぼれ球をライアン・フラーフェンベルフが頭で押し込んで3点目を決めた。今年3月に代表デビューを飾った19歳のフラーフェンベルフも代表5試合目で初ゴールとなった。

 一矢報いたいジョージアは85分、ジャンブル・ジガウリがミドルシュートで狙ったが、これは惜しくもクロスバー直撃。試合はこのまま終了し、オランダが3ゴールで快勝を収めて大会に向けて弾みをつけた。

 EURO2020でグループCのオランダは、13日にウクライナ代表との初戦で開幕を迎え、17日にオーストリア代表、21日に北マケドニア代表と対戦する。

【スコア】
オランダ代表 3-0 ジョージア代表

【得点者】
1-0 10分 メンフィス・デパイ(PK/オランダ)
2-0 55分 ワウト・ウェクホルスト(オランダ)
3-0 76分 ライアン・フラーフェンベルフ(オランダ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO