FOLLOW US

シーズン打ち切りで降格回避…RKCファンが喜び語る「金曜にヨングAZと戦うより…」

降格を免れたRKCのサポーター [写真]=Getty Images

 エールディヴィジの2019-20シーズンが打ち切られことについて、1部で最下位に沈んでいたRKCヴァールヴァイクのサポーターたちがコメントした。24日、オランダ紙『Brabants Dagblad』が伝えた。

 オランダでは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、政府が21日にプロスポーツなどのイベントを9月1日まで禁止にする措置を発表。24日に行われたオランダサッカー協会(KNVB)の会議によって、正式に1部エールディヴィジと2部エールステ・ディヴィジのシーズン終了が決定した。

 会議では1部と2部の間で昇降格を行うことについての是非を問うクラブ投票がリザーブチームを除く全34クラブによって行われ、「昇降格なし」に賛成16票、反対9票、9クラブが棄権という結果になった。そのため、1部で自動降格圏にいた17位ADOデン・ハーグと最下位RKCは1部残留、2部で自動昇格圏内にいた首位カンブール・レーワルデンと2位デ・フラーフスハップは2部残留となった。

 RKCは今季、6シーズンぶりの1部復帰を果たしたが、第26節(全34試合)が終了した時点で獲得していた勝ち点はわずか「15」。降格圏外の15位ズウォレとの勝ち点差は「11」開いており、残留には“奇跡”が必要な状況だった。

 1992年からRKCのシーズンチケットを保有するヨリス・パイマンス氏は、「全国から『おめでとう』とメッセージが届いたよ。残留は完全にふさわしいものではないかもしれない。だが、シーズンは4分の1残っていたし、公正な決定だよ。そして正直に言うと、金曜日にヨングAZ(AZのリザーブチーム)やテルスターと戦うよりもユトレヒトと試合がしたいに決まっている」と、正直に残留決定についての感想を語った。

 また、RKCのファンサイト『RKCNu.nl』の共同創立者であるブラム・フィンゲルリング氏は次のようにコメント。シーズンが正常に行われていればRKCが降格していたことを認めた一方で、パイマンス氏と同じく残留は正当な結果だと主張した。

「現時点で残留のニュースは本当に祝うものじゃないかもしれない。でも、ネガティブな状況の中で少しくらいポジティブな要素があってもいいと僕は思うんだ。もちろん、RKCは降格していただろう。だけど、69分で中断した試合に勝者と呼ばれる者はいないよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA