FOLLOW US

34歳スナイデル、代表引退試合に先発…オランダ最多の134試合出場

オランダ代表でのプレーに別れを告げたスナイデル [写真]=VI-Images via Getty Images

 国際親善試合が6日に行われ、オランダ代表とペルー代表が対戦。MFウェズレイ・スナイデル(アル・ガラファ/カタール)の代表引退試合として開催された一戦で、オランダが2-1と逆転勝利を収めた。

ビッグフラッグが掲げられた [写真]=Getty Images

 スナイデルはキャプテンとして先発出場し、62分までプレー。ピッチ上の選手全員と抱擁し、スタンディングオベーションに送られながらベンチへ退いた。

スナイデル

キャプテンとして後半途中までプレーした [写真]=VI-Images via Getty Images

 スナイデルは1984年生まれの34歳。2003年4月、19歳の若さでオランダ代表デビューを果たすと、ユーロ2004にも出場した。2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会と、W杯には3度出場。ユーロにも3回出場している。

オランダ代表での最後のプレーとなった [写真]=Getty Images

 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカでは準優勝に貢献するなど、オランダを支え続けてきたスナイデル。オランダ歴代最多の国際親善試合Aマッチ134試合出場を記録し、歴代10位の31得点、31アシストと輝かしい実績を残した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA