FOLLOW US

堂安律、年内最終戦で今季4点目!「気持ちよく日本に帰れます!」

フローニンゲンに所属する堂安律 [写真]=Getty Images

 フローニンゲンのMF堂安律が、24日に行われたエールディヴィジ第18節のスパルタ・ロッテルダム戦で、今シーズン公式戦4点目を決めた。

 77分に途中出場した堂安は3点リードで迎えた90分、右サイドをドリブルで持ち上がり、後方から追い越したMFジュニーニョ・バクーナに預けてエリア内へ進入。中央で折り返しを受けたFWウリエル・アントゥナのシュートがブロックされると、こぼれ球に反応した堂安が左足ダイレクトでゴール右隅に突き刺した。

 フローニンゲンはそのまま年内ラストマッチを4-0の快勝で飾り、4試合ぶりの白星で5勝5分8敗の13位で折り返しを迎えた。

 堂安はリーグ戦13試合に出場(先発は12試合)し、3ゴール目を決めて2017年を締めくくった。カップ戦を含む公式戦では15試合出場、4ゴールを記録。試合後には、自身のインスタグラム(@doanritsu)で「2017年最後の試合。勝利。得点。気持ちよく日本に帰れます!笑」とコメントした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO