2016.09.25

日本人対決は小林に軍配 ヘーレンフェーンがADOデン・ハーグを完封で4連勝

ゼネリ
小林(左)がフル出場したヘーレンフェーンは、ゼネリ(中央)の活躍もあり勝利(写真は17日のローダJC戦) [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エールディヴィジ第7節が行われ、FWハーフナー・マイクが所属するADOデン・ハーグと、MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンが対戦した。

 開幕から3連勝と好調な出だしとなったADOデン・ハーグだが、その後1分け2敗と失速しており、勢いを取り戻したい一戦だ。一方のヘーレンフェーンは3連勝と波に乗っており、順位表でも5位まで浮上してきた。上位争いに食らいついていきたい両チームの激突するゲームで、ハーフナーと小林はともに先発出場を果たしている。

 開始1分、ADOデン・ハーグがチャンスを迎えた。シェラルド・ベッカーが右サイドを突破し、そのままエリア内まで持ち込んでゴール右隅を狙ったが、GKエルウィン・ムルダーに弾かれた。12分には、左サイドからのグラウンダーのクロスから、フリーになっていたケヴィン・ヤンセンが枠を狙ったが、後ろから全速力で戻ってきた小林がスライディングでプレッシャーをかけ、シュートはゴールの上に外れていった。

 ヘーレンフェーンは25分に決定機を迎えた。アルバー・ゼネリがヘッドで落としたところにレザ・グーチャンネジャドが反応し、エリア内からシュートを放ったが、左ポストにあたって得点には至らない。しかし27分、左CKのチャンスでゴール前にボールが送られると、GKエルネスタス・シェトクスが弾いたボールが詰めていたDFウィルフリード・カノンの体にあたってゴールに入った。ヘーレンフェーンが先制に成功する。

 前半はそのまま0−1で終了した。

 後半は、リードするヘーレンフェーンが主導権を握った。49分、左サイドからのFKをサム・ラーションが直接狙う。GKシェトクスが弾いたところに詰めたペッレ・ファン・アメルスフォールドがゴールに押し込んだが、オフサイドの判定が下されて認められない。さらに52分には、右サイドからドリブルで切り込んだゼネリがミドルシュートを放つがポストの左に外れた。同選手は54分にもミドルシュートを狙うが、ゴールを奪うことはできない。

 74分には、エリア手前にいたゼネリが胸トラップでエリア内右に進入し、強烈なシュートを放ったが枠の上にそれて外れた。78分にはエリア手前でボールを受けた小林が左足で枠を狙ったが、これもGKムルダーにキャッチされる。しかし直後の79分、右サイドからのグラウンダーのボールをゼネリが右足でゴール左隅に流し込み、ついに追加点を奪った。

 リードを広げたヘーレンフェーンは88分、ヘンク・ヴェールマンがエリア内でマークを交わしてゴール右隅にシュート。これがネットを揺らしてダメ押し点となった。

 試合はそのまま終了し、0−3でヘーレンフェーンが勝利して、連勝を4に伸ばした。ハーフナーと小林はそれぞれフル出場している。

 ADOデンハーグは次戦、30日にエールディヴィジ第8節でズウォレと対決。ヘーレンフェーンは10月1日、同第8節で王者PSVと対戦する。

【スコア】
ADOデン・ハーグ 0−3 ヘーレンフェーン

【得点者】
0−1 27分 オウンゴール(ウィルフリード・カノン)(ヘーレンフェーン
0−2 79分 アルバー・ゼネリ(ヘーレンフェーン
0−3 88分 ヘンク・ヴェールマン(ヘーレンフェーン

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る