FOLLOW US

PSV、最終節でアヤックスを逆転しエールディヴィジ2連覇を達成

最終節で首位に立ち2連覇を達成したPSV [写真]=VI Images via Getty Images

 エールディヴィジ最終節が8日に行われ、PSVズウォレに3-1で勝利した。勝ち点で並んでいた首位のアヤックスが同日行われた試合で引き分けたため、PSVのエールディヴィジ連覇が決定した。

 アヤックスと同じ勝ち点81を獲得しているものの得失点差で下回り2位につけるPSVは、34分にオランダ代表FWユルゲン・ロカディアのゴールで先制すると、43分には同代表FWルーク・デ・ヨングが追加点を奪う。後半に入り1点を返されたが、67分にL・デ・ヨングが再び得点し3-1で勝利。同時刻に開催された試合でアヤックスデ・フラーフスハップと引き分けたため、勝ち点で上回ったPSVが逆転でのリーグ制覇を達成した。

 昨シーズンは独走でエールディヴィジを制覇したPSV。今夏には、優勝の立役者であったオランダ代表FWメンフィス・デパイや同代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがプレミアリーグへ移籍したが、王座奪還を狙うアヤックスと熾烈な争いを繰り広げ、最終節に見事な逆転劇を演じて2連覇を果たしている。

 オランダメディア『NOS』は試合後、PSVを率いるフィリップ・コクー監督のコメントを掲載。「信じていたよ。選手たちにもそう伝え続けていたし、その言葉が現実となって嬉しい。もう片方(アヤックス)の結果を見る必要があったのは確かだが、信じていなければ、何も得ることはできなかっただろう」と最後まで諦めない姿勢が奇跡を呼び込んだと話した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO