FOLLOW US

宮市、移籍後初のフル出場もゴール奪えず…トゥエンテはPSVに完敗

PSV戦にフル出場したトゥエンテのFW宮市亮 [写真]=Getty Images

 オランダ・エールディヴィジ第29節が4日に行われ、FW宮市亮が所属するトゥエンテはPSVと対戦した。

 レンタル期間満了に伴い、今シーズン限りでの退団が決まっている宮市は、リーグ戦18試合ぶりの先発出場を果たした。

 4分、パスを受けた宮市がドリブルでペナルティエリアに侵入。そのまま右足シュートを放ったが、相手GKに防がれる。すると29分、リューク・デ・ヨングに先制ゴールを許すと、トゥエンテは立て続けに失点。0-3で前半を折り返す。

 まずは1点を返したいトゥエンテは後半開始直後、宮市が右サイドからの折り返しに合わせたがミートせず。65分には、宮市からのパスを受けたライ・フルートが中央に切り込みシュートを放つも、相手GKのセーブに遭う。

 対するPSVは攻撃の手を緩めず、75分にメンフィス・デパイ、77分にも再びデパイがネットを揺らし、リードを広げた。

 最後まで1点が遠かったトゥエンテは、0-5で完敗。宮市は移籍後初めてフル出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO