FOLLOW US

コッパ・イタリア2連覇中のインテル、今季は16強敗退…好調ボローニャに延長戦で逆転負け

2023.12.21

インテルvsボローニャは延長戦までもつれ込む激闘に [写真]=Getty Images

 コッパ・イタリアのラウンド16が20日に行われ、インテルボローニャが対戦した。

 現在大会2連覇中のインテルが、ラウンド16よりコッパ・イタリアの舞台に登場。3連覇を掲げ、大事な初戦でボローニャと相見える。両チームともに直近のセリエAから中2日という状況で迎える一戦のため、少なかずのターンオーバーを実施。インテルは中盤の面々を総入れ替えしたほか、最前線でラウタロ・マルティネスとコンビを組むのは、古巣対決のマルコ・アルナウトヴィッチとなっている。

 試合は立ち上がりからインテルが主導権を握るも、なかなか決定的なチャンスを作り出すには至らない。一進一退の攻防の中で両者決定機らしいシーンをなかなか生み出せず、スコアレスでハーフタイムに突入した。

 後半に入っても試合の様相は変わらなかったが、徐々にインテルが攻撃に出るシーンが目立っていく。62分にはこの日最大の決定機が到来。インテルの右コーナーキックの場面で、ボローニャのトンマーゾ・コラッツァが自陣ペナルティエリア内でのハンドを取られ、インテルにPKが与えられた。しかし、ラウタロのゴール右下を狙ったキックはGKフェデリコ・ラヴァリアがビッグセーブ。インテルとしては先制のチャンスを逃した。

 結局90分間が経過してもゴールネットが揺れることはなく、試合は延長戦に突入。すると延長戦開始直後の92分、インテルがセットプレーから均衡を破る。インテルは左コーナーキックを獲得すると、途中出場のフェデリコ・ディマルコが左足でゴール方向から逃げていく軌道のボールを供給。これがペナルティエリア内でフリーになっていたカルロス・アウグストの頭にピタリ。狙い澄ましたヘディングシュートを沈め、インテルが先手を取った。

 延長前半はこのままインテルの1点リードで終了したが、試合はこのままでは終わらない。112分、ボローニャは右コーナーキックを獲得。ハラランボス・リコヤニスが左足でファーサイドめがけた高めのボールを送ると、GKエミル・アウデロの頭上を超えたボールをジョシュア・ザークツィーが右足アウトサイドで残す。最後はサム・ベウケマが左足でゴールネットを揺らした。

 勢いに乗ったボローニャは続く116分、ピッチ中央付近で味方からのパスを受けたザークツィーが、巧みなファーストタッチで相手をかわし、右サイドのスペースへスルーパスを送る。駆け上がってきたダン・ンドイはペナルティエリア右に侵入すると、飛び出してきたGKアウデロの位置を見て、右足のチップキックでゴールに流し込む。立て続けの得点でボローニャが逆転に成功した。

 試合はこのままタイムアップ。セリエAでも現在4位と好調のボローニャが準々決勝進出を決めた。敗れたインテルは3連覇の夢がここで潰えている。

 勝利したボローニャは1月下旬に開催予定の準々決勝でフィオレンティーナとの対戦が決まっている。

【スコア】
インテル 1-2 ボローニャ

【得点者】
1-0 92分 カルロス・アウグストインテル
1-1 112分 サム・ベウケマボローニャ
1-2 116分 ダン・ンドイボローニャ

カルロス・アウグストの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO