FOLLOW US

“トレブル”達成のマンCに屈したインテル…クロスバー直撃弾のディマルコは「最強のチームが勝った」

2023.06.11

ディマルコのシュートはクロスバーに阻まれる [写真]=Getty Images

 10日に行われたチャンピオンズリーグCL)決勝で、マンチェスター・Cがインテルを1-0で下してクラブ史上初の欧州王者およびプレミアリーグ&FAカップと合わせた“トレブル”(三冠)達成を成し遂げた。

 緊迫した展開となった試合は、後半に入ってスコアが動く。68分、マンチェスター・Cは後方からボールを持ち運んだスイス代表DFマヌエル・アカンジがスペースにスルーパスを送ると、抜け出したポルトガル代表MFベルナルド・シルヴァが中央へ折り返す。ボールはニアサイドでブロックされたが、ペナルティエリア内にこぼれたボールにスペイン代表MFロドリが反応し、右足シュートでゴールネットを揺らした。結局、ロドリのゴールが決勝点となり、マンチェスター・Cが1-0で勝利して悲願のCL制覇を達成した。

 試合後、インテルに所属するイタリア代表DFフェデリコ・ディマルコがインタビューに対応。同選手のコメントを、11日付けでイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。

 ディマルコは「とても失望している」と率直な心境を吐露。一方で「同時にこのチームを誇りに思わなければならない」と、強敵マンチェスター・Cを相手に健闘した点も強調した。

「僕たちは120%の力を出し切ったよ。それでも十分ではなかったけどね。CLで優勝するために作られた最強のチームが勝ったということさ」

 1点のビハインドを背負った71分、ディマルコはゴール前の混戦からヘディングシュートを放ったが、クロスバーに嫌われた。同選手は「僕たちには明確なチャンスがあったけど、決めきれなかった。その後は、相手のGKが非常に良く守っていた」と肩を落とした。

 また、『ガゼッタ・デロ・スポルト』は元カメルーン代表GKアンドレ・オナナのコメントも紹介。インテルのゴールマウスを守った守護神は「素晴らしい試合をしたけど、少しの運がなかった」と試合を振り返った。

「チームが示した犠牲と努力、仕事自体には満足しているよ。僕たちはこういった試合をするため、またこの舞台に戻ってくるつもりだ」

「(自身の去就を聞かれて)去就? それは分からない。ただ、僕はここでとても幸せにしている。インテルとは素晴らしい関係を築いているし、彼らが僕に求めていることは何でもやるつもりだ」

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO