FOLLOW US

マンU、ローマで存在感放つディバラに関心か…約16億円で獲得できる可能性も?

2023.02.12

今シーズンからローマで活躍しているディバラ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uローマ所属のアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラに関心を寄せているようだ。11日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 今シーズンから指揮を執るエリック・テン・ハフ監督のもと、プレミアリーグで現在3位に付けているマンチェスター・U。カラバオカップでは決勝進出を果たすなど久々のタイトル獲得への期待も高まっている同クラブだが、早くも来シーズン以降の戦いを見据え、夏の移籍市場に向けて獲得候補のリストアップを進めているようだ。

 補強の優先ポジションと見られているのがFWだ。テン・ハフ監督が攻撃陣の拡充を希望していることから、クラブは今シーズン終了後の夏の移籍市場でセンターフォワード(CF)やアタッカーの獲得に動く可能性が高いと見られている。すでにナポリ所属のナイジェリア代表FWヴィクター・オシムヘンバルセロナ所属のスペイン代表FWアンス・ファティなどへの関心が伝えられていた。

 そんな中、マンチェスター・Uローマで活躍中のディバラの動向も注視しており、夏の移籍市場での獲得を検討しているという。現在29歳のディバラは昨年夏にユヴェントスからローマに加入し、2025年夏までの3年契約を締結。今シーズンはここまで公式戦21試合に出場し11ゴール7アシストをマークしている。報道によると、ディバラの契約解除条項は、海外クラブに対しては1070万ポンド(約17億円)、国内クラブに対しては1760万ポンド(約28億円)に設定されているという。比較的低価格での獲得が見込めることから、マンチェスター・Uは同選手への関心を強めているようだ。

 なお、ローマ側はディバラの今シーズンの活躍を高く評価しており、さらなる契約延長を希望しているという。また、契約解除条項の削除についても検討しているようだ。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO